DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
03.東アジア研究(East Asian Studies) >
03.社会(Society)/東アジア(East Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/992

タイトル: 第10章 台湾における自由貿易港区: 設立の背景と現状
著者: 池上, 寛
Ikegami, Hiroshi
キーワード: 台湾
運送
海運
空運
自由貿易港区
物流
Issue Date: Mar-2010
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: 『台湾総合研究Ⅲ: 社会の求心力と遠心力』佐藤幸人編、千葉、日本貿易振興機構アジア経済研究所、2010年、151-162ページ
抄録: 台湾では、1980年代半ばから1990年代初めにかけて「自力救済」と呼ばれる裁判や行政によらない、公害被害者や開発により潜在的に影響を受ける周辺住民らによる実力行使が頻発した。このような激しい公害紛争が発生し続けた背景には、権威主義体制の下での急速な産業化の進展と、政治的自由化、民主化があった。急速な経済発展に伴い環境汚染が進んでいたが、権威主義体制下では環境汚染への不満が政治的に抑え込まれていた。民主化が段階的に進む過程で、反公害運動、環境保護運動は、他の社会運動と同様に、政治的自由化、民主化を求める運動と並行して、相互に相手が拡大した「自由の隙間」を利用ながら拡大していった。本稿では、環境政策の形成期に頻発した自力救済による公害紛争、反公害運動の背景を明らかにし、「法と経済学」の枠組みを用いて台湾でそれが頻発し続けた要因とその問題点を分析する。
記述: 2009年度調査研究報告書
URI: http://hdl.handle.net/2344/992
Appears in Collections:03.社会(Society)/東アジア(East Asian Studies)
06.調査研究報告書

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_CKH_2009_4_36_sato_10.pdf406.01 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.