DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
04.東南アジア研究(Southeast Asian Studies) >
03.社会(Society)/東南アジア(Southeast Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/874

タイトル: タイにおけるコミュニティ主義の展開と普及 -─1997年憲法での条文化に至るまで-
著者: 重冨, 真一
Shigetomi, Shinichi
キーワード: 政治
Issue Date: Dec-2009
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: アジア経済 50.12 (2009.12): 21-54
抄録: 現在タイでは,一種のコミュニティ主義思想が,少なからぬ政治的影響力をもっている。 ここで「コミュニティ主義」とは,国家や社会を律するうえで,市場原理と政府機能の両方を抑制し,人々の自 主的連帯や自然との協調的関係を重視する思想を指す。この思想は1980年代の初頭に,ごく一部の NGO活動家や研究者,知識人によって打ち出された。 ところがいまや憲法や国家開発計画にまで「コ ミュニティ」を重視する文言が踊る。本稿は,コミュニティ主義思想がタイ社会で普及した過程を追 い,どのような主体,社会装置,表現方法がそれに寄与したのか検討した。そして1980年代後半から 1990年代前半にこの思想が国家エリート,国家への抵抗運動,改良主義的な運動のイデオロギーとし て翻訳されて広い分野の支持者を得たこと,その主唱者が1990年代の国の制度改革過程に深く関わっ ていたことを明らかにした。
URI: http://hdl.handle.net/2344/874
Appears in Collections:01.アジア経済
03.社会(Society)/東南アジア(Southeast Asian Studies)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZAJ200912_003.pdf659.91 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.