DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
01.複数地域にまたがる研究(Interregional Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/複数地域(Interregional Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/847

タイトル: 政治制度形成の論理 -新興民主主義国の制度分析に向けて-
著者: 川中, 豪
Kawanaka, Takeshi
キーワード: 発展途上国
政治
民主主義
制度
Issue Date: Feb-2007
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: アジア経済 48.2 (2007.2): 20-43
抄録: 本稿は政治制度をめぐる二つの大きな理論的流れについて整理したものである。一つは、制度の効果に注目する外生的制度論の流れである。制度の効果を前提としたうえで,自己利益極大化のためそうした効果を期待する制度設計者によって制度が設計されたと考えるものである。取引費用の低減、集合行為問題の解決などがそのカギとなる。もう一つは、制度をプレーヤーたちの行うゲームのなかでの均衡と考える議論である。プレーヤーのインセンティブを重視し、制度形成を内生的なメカニズムのなかで考えるもので、内生的制度論と呼ばれる。
URI: http://hdl.handle.net/2344/847
Appears in Collections:02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/複数地域(Interregional Studies)
01.アジア経済

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_AjiaKeizai_Vol48(2)_2007_review_kawanaka.pdf123.67 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.