DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
03.東アジア研究(East Asian Studies) >
03.社会(Society)/東アジア(East Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/626

タイトル: 「民工子弟学校」 ――上海における「民工」子女教育問題
著者: 山口, 真美
Yamaguchi, Mami
キーワード: 労働移動
教育
社会変動
出稼ぎ労働者
戸籍制度
中国
Migrant labor
Education
Social change
Hukou system
China
Issue Date: Sep-2000
出版者: 中国研究所
引用: 中国研究月報 631 (2000.9): 1-17
抄録: 出稼ぎ農民が多く集まる中国の大都市で、1990年代半ばごろから「民工子弟学校」と呼ばれる小学校が出現している。農民の都市での出稼ぎが長期化する中、家族を呼び寄せて長期的に都市に滞在する出稼ぎ労働者が増えてきたことによる。既存の教育制度の下では戸籍地を離れた学齢児童・生徒は実質的に義務教育を受ける機会を保障されない。「民工子弟学校」はそうした子供たちに教育を受けさせるための、児童の保護者や地方の教員による自発的な取り組みであり、その後地方政府のちに中央政府によって制度化され始めている。論文では筆者のフィールドワークを元に学校の創設から制度化の過程を、中国の二元社会構造を揺るがす変化として考察する。
記述: 著者最終原稿
URI: http://hdl.handle.net/2344/626
Appears in Collections:03.社会(Society)/東アジア(East Asian Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007101801_yamaguchi.pdf164.94 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.