DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
12.地域を特定しない研究(Non Region-specific Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/特定地域なし(Non Region-specific Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/581

タイトル: 国際協力の罪と罰:買わない日本人
著者: 山形, 辰史
Yamagata, Tatsufumi
キーワード: 成果主義
PRSP
開発貢献度指標
国際協力
Result-based management
Poverty Reduction Strategy Paper
Commitment to Development Index
International cooperation
Issue Date: Oct-2004
出版者: 日本評論社
引用: 経済セミナー 597 (2004.10): 50-51
抄録: 会社でも学校でも結果を問われる時代になった。会社では賃金のうち年功序列的部分が縮小され、業績給部分の割合が増えている。大学生の成績も、以前より明確な基準を用いて、学生の間に明白な差をつけて採点することが要求されるようになってきている。これまでは努力を含めて「何をどれだけ投入したか」が基準として重視されていたのに対して、最近は「何をどれだけ実現したか」という成果が重視されるようになってきている。(以下略)
URI: http://hdl.handle.net/2344/581
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/特定地域なし(Non Region-specific Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007060802_yamagata.pdf792.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.