DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
01.複数地域にまたがる研究(Interregional Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/複数地域(Interregional Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/573

タイトル: 輸出指向開発再論 :後発発展途上国の労働集約的工業発展の可能性
著者: 山形, 辰史
Yamagata, Tatsufumi
キーワード: 新輸出悲観論
労働集約的工業化
縫製業
アパレル産業
貿易
産業政策
発展途上国
東アジア
バングラデシュ
カンボジア
New export pessimism
Labor-intensive industrialization
Garment industry
Apparel industry
International trade
Industrial policy
Developing countries
Bangladesh
Cambodia
Issue Date: Jan-2006
出版者: 神戸大学経済経営学会
引用: 国民経済雑誌 193.1 (2006.1): 1-16
抄録: 東アジア経済は労働集約財輸出を中心とする輸出指向工業化によって経済発展を遂げた。その輸出指向工業化の成功の本質が、市場の歪みの小ささにあったのか、それとも政府の積極的な輸出促進政策にあったのか、という点については長く議論が闘わされてきたものの、世界銀行の『東アジアの軌跡』出版以来、後者の論理がより注目されてきた。  現在の低所得国は、その多くがWTOに加盟しており、かつて東アジア経済が採用したような輸出促進政策を採用できないことから、低所得国の製造業品の輸出成長は期待できないという新輸出悲観論が広がっている。その中でバングラデシュやカンボジアは手厚い政府の促進政策なしに、労働集約財の代表である縫製品の輸出を伸ばしている。そこで本稿は、WTO時代にあって手厚い政府介入が行われなかったとしても、低所得国が低賃金を活用して工業化を進める可能性が十分あることを主張する。
URI: http://hdl.handle.net/2344/573
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/複数地域(Interregional Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007060502_yamagata.pdf1.3 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.