DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
06.中東・北アフリカ研究(Middle Eastern and North African Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/中東・北アフリカ(Middle Eastern and North African Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/545

タイトル: サウジアラビアにおけるザカートの徴収-イスラームの税制と国家財政-
著者: 福田, 安志
Fukuda, Sadashi
キーワード: イスラーム税制
イスラム税制
ザカート
ザカー
国家歳入
サウジアラビア
財政
租税
Islamic Taxation System
Tax
Zakat
Zaka
State Revenue
Saudi Arabia
Public finance
Taxation
Issue Date: Sep-2000
出版者: 日本イスラム協会
引用: イスラム世界 55 (2000.9): 73-93
抄録: 本稿ではサウジアラビアにおけるザカート(ザカー)の徴収について検討した。イスラーム諸国におけるザカートは、一般的には、イスラーム教徒が任意で提供する「お布施」的なものとして理解されることが多い。しかし、ザカートは初期イスラーム時代には、イスラームの教団国家の歳入の大きな柱であり、事実上、公租の役割を果たしていた。サウジアラビアでは18世紀半ばにサウード朝が興ったが、サウード朝は初期イスラーム時代を模範とするワッハーブ派と協力して国家を建設したため、サウード朝においてはザカートが重要な国家の歳入源となった。20世紀には石油開発が進み、石油収入が国家歳入の大部分を占めるようになったが、ザカートの徴収は現在でも続けられている。続いて、イスラーム法で定められているザカートの賦課対象と賦課率について述べ、のサウジアラビアの事例を示しながら賦課対象と賦課率について検討した。さらに、企業や個人がザカートを支払う場合の賦課対象や賦課率について述べ、サウジ企業に課せられるザカートと外資に課せられる所得税の相違について検討した。
URI: http://hdl.handle.net/2344/545
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/中東・北アフリカ(Middle Eastern and North African Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007041301_fukuda.pdf906.26 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.