DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
07.アフリカ研究(African Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/アフリカ(African Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/541

タイトル: 「紛争ダイヤモンド」問題の力学-グローバル・イシュー化と議論の欠落-
著者: 武内, 進一
Takeuchi, Shin'ichi
キーワード: アフリカ
ダイヤモンド
紛争
国内紛争
国際紛争
NGO
国際関係
鉱物資源一般
Africa
Diamond
Conflict
Internal conflicts
International conflicts
International relations
Mineral resources
Issue Date: Mar-2001
出版者: 日本アフリカ学会
引用: アフリカ研究 58 (2001.3): 41-58
抄録: ダイヤモンド原石の取引とアフリカの紛争をめぐる「紛争ダイヤモンド」問題は、近年国際社会が熱心に討議するグローバル・イシューとなった。この問題は2000年になって急速に顕在化し、年末には国連総会において全会一致で加盟国に取り組みを求める決議が採択された。国連の報告書やNGOの運動によって国際世論が盛り上がり、シエラレオネ問題の解決を進めたいイギリス政府、あるいは消費者運動を恐れる業界や生産国が取り組みに加わったことなどがその理由である。しかし、現在の「紛争ダイヤモンド」をめぐる議論では、ダイヤモンドとアフリカの紛争をめぐる問題が部分的にしか扱われていない。そこではアンゴラとシエラレオネにおける反政府勢力の活動を抑えることに主眼が置かれているが、コンゴのように状況が複雑な地域に対する取り組みは遅れている。さらに、ダイヤモンドを武器購入や民間軍事会社への支払いに充当するアフリカ各国政府の行動については、深刻な問題を内包するにもかかわらず、ほとんど議論されていない。「紛争ダイヤモンド」問題が、脆弱な国家における公的な資源の管理・開発という論点と繋がっていることを忘れるべきではない。
URI: http://hdl.handle.net/2344/541
Appears in Collections:02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/アフリカ(African Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007040201_takeuchi.pdf8.1 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.