DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
07.アフリカ研究(African Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/アフリカ(African Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/526

タイトル: ルワンダの紛争とエスニシティ-創られた民族?
著者: 武内, 進一
Takeuchi, Shin'ichi
キーワード: ルワンダ
エスニシティ
虐殺
Rwanda
Ethnicity
Genocide
Issue Date: 2004
出版者: ドメス出版
引用: 『民族の二〇世紀』 端信行編 東京、ドメス出版、2004年、22-39ページ
抄録: 1994年に100万人近い犠牲者を生んだルワンダの虐殺では、トゥチという民族が殺戮の主たる対象となった。言語、宗教、居住地に違いがなく、植民地化以前からの長い歴史を共有するルワンダにおいて、なぜ一つの民族名が殺戮の符丁となったのか。植民地化以降の国家の変容とエスニシティ創出の過程を歴史的に分析した。
URI: http://hdl.handle.net/2344/526
Appears in Collections:02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/アフリカ(African Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007031601_takeuchi.pdf1.77 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.