DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
07.アフリカ研究(African Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/アフリカ(African Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/523

タイトル: エチオピアの皮革産業の現状と展望
著者: 児玉, 由佳
Kodama, Yuka
キーワード: エチオピア
皮産業
皮革工業
羊皮
輸出
なめし皮
Ethiopia
Leather industry
Sheepskins
Exports
Leather
Issue Date: 2001
出版者: 日本皮革技術協会
引用: 皮革科学 46.4 (2001): 266-272
抄録: エチオピアでは,1991年に社会主義政権から新政権(EPRDF)へと政権が代わり,経済自由化政策が進められている。その影響は,コーヒーに次ぐ輸出産品である皮産業も例外ではない。産業活動の自由化によって,民間企業の参入が急増し,皮の国内価格も国際価格に大きな影響をうけるようになった。これによって,現在皮産業は活況を呈し,さらなる発展が見込まれるが,同時にさまざまな問題もはらんでいる。
URI: http://hdl.handle.net/2344/523
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/アフリカ(African Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007031201_kodama.pdf1.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.