DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
03.東アジア研究(East Asian Studies) >
03.社会(Society)/東アジア(East Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/427

タイトル: 韓国のソーシャル・セーフティネット
著者: 石崎, 菜生
Ishizaki, Nao
キーワード: 韓国
ソーシャル・セーフティネット
生産的福祉
アジア通貨危機
労働
労働事情
社会政策
社会保障
社会福祉
South Korea
Social safety net
Productive welfare
Asian financial crisis
Labor
Social policy
Social security
Social welfare
Issue Date: 2003
出版者: 勁草書房
引用: 『アジアのソーシャル・セーフティネット』 一橋大学経済研究所経済制度研究センター編(責任編集 寺西重郎) 東京、勁草書房、2003年、55-101ページ
抄録: アジア通貨危機後、韓国はIMFの構造調整を受け入れた。不況とマクロ緊縮政策があいまって、失業率が急激に上昇した。その対策として、政府はソーシャル・セーフティネットの整備に力を入れた。雇用保険の適用者拡大などの政策は、IMFのコンディショナリティに従ったものである。しかし、実際に実施された政策はIMFの勧告を超え、広く社会保障の整備につながるものであった。
URI: http://hdl.handle.net/2344/427
Appears in Collections:03.社会(Society)/東アジア(East Asian Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2007020501_ishizaki.pdf3.28 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.