DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
03.東アジア研究(East Asian Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/東アジア(East Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/315

タイトル: アジアは一つになれるか?: ASEAN型「統合」からの脱却の必要性
著者: 竹内, 孝之
Takeuchi, Takayuki
キーワード: 経済統合
外交
東アジア
中国
日本
台湾
東南アジア
International economic integration
Diplomacy
East Asia
China
Japan
Taiwan
Southeast Asia
Issue Date: Jan-2006
出版者: 霞山会
引用: 東亜 第463号 (2006.1): 68-79
抄録: 東アジア共同体の議論は、FTAが基礎になる。だが、FTA自体が本当の統合なのか疑問が残る。もし、アジアがEU型の本格的な深い統合を目指すなら、ASEAN中心主義や中国の深い関与が足かせになる。経済発展と民主化が一定水準に達したアジアやオセアニアの先進国による新たな統合の核が必要である。
記述: 著者最終原稿
URI: http://hdl.handle.net/2344/315
Appears in Collections:02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/東アジア(East Asian Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2006113002_ttakeuchi.pdf102.33 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.