DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
03.東アジア研究(East Asian Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/東アジア(East Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/237

タイトル: 台湾WTO加盟後の対中政策手段とFTA外交
著者: 竹内, 孝之
Takeuchi, Takayuki
キーワード: 経済統合
外交
台湾
中国
International economic integration
Diplomacy
Taiwan
China
Issue Date: May-2004
出版者: 霞山会
引用: 東亜 第443号 (2004.5): 36-47
抄録: WTO加盟は台湾にとって、初めての国連組織への加盟となる。また、FTAへの参加資格を得た点において大きな外交得点であった。しかし、中国との経済関係の自由化を迫られるデメリットがあるが、中国との政治的な緊張関係を利用して台湾は自由化を遅らせることもできる。一方、他のWTOメンバーとのFTA締結は法的障害を除去しても、中国の反対がネックとなっている。
記述: 著者最終原稿
URI: http://hdl.handle.net/2344/237
Appears in Collections:02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/東アジア(East Asian Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2006113001_ttakeuchi.pdf107.07 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.