DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
07.アフリカ研究(African Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/アフリカ(African Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/235

タイトル: コンゴの農村開発 -政策と社会の対応-
その他のタイトル: Rural development in the Republic of the Congo : policy and the society
著者: 武内, 進一
Takeuchi, Shin'ichi
キーワード: アフリカ
コンゴ共和国
農村開発
土地制度
商品化
Africa
Republic of the Congo
Rural development
Land tenure
Commercialization
Issue Date: Aug-1999
出版者: 国立民族学博物館地域研究企画交流センター
引用: 『発展途上諸国の農村開発』 山田睦男編 吹田、国立民族学博物館地域研究企画交流センター、1999年、103-124ページ
抄録: 農村開発政策の成功・失敗は、当該社会の論理をどのように把握するかに依存している。本稿は、コンゴ共和国プール州の農村地域における社会論理に関して、1970年代から80年代にかけて実施された「プール州農村開発計画」(PDR)の評価と、筆者が1992~94年にかけて行った農村実態調査に基づいて検討した。PDRでは、経済合理性を欠いた蔬菜生産・流通計画が失敗した一方で、いわゆる共同体的な土地保有制度のために土地収用が進まなかった。商品化された農産物の生産・流通がきわめて経済合理的になされる一方で、土地に関しては共同体原理が支配的である状況は筆者の調査でも確認された。共同体原理や生存維持経済の存在の上に、農産物の商品化が急速に進展している状況は、コンゴ農村社会の特質として留意すべきである。
URI: http://hdl.handle.net/2344/235
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/アフリカ(African Studies)
99.その他の雑誌/ Other title

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_G2006112901_stakeuchi.pdf1.54 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.