DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
04.東南アジア研究(Southeast Asian Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/東南アジア(Southeast Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/1148

タイトル: 言論統制は政権維持にいかに寄与するか -- マレーシアにおける競争的権威主義の持続と不安定化のメカニズム
著者: 中村, 正志
Nakamura, Masashi
キーワード: マレーシア
政治体制
政党
選挙
民族問題
Issue Date: Sep-2011
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: アジア経済 52.9 (2011.9): 2-32
抄録: マレーシアでは,市民的自由の制限と競争性の高い選挙が併存する競争的権威主義が40年にわたり続いてきた。なぜ民主化が果たされないのか。あるいは逆に,より強い政治的権利の抑圧と露骨な選挙不正を伴う体制へと転じないのはなぜか。この問いに答えるには,自由の制限が,統治者が権力を維持するうえで必要にして十分な効果をあげる理由と条件を示す必要がある。本稿は,コミュニケーション研究の知見と投票の空間理論を援用して次のような仮説を提示する。マレーシアでは,民族問題だけが重要争点と認識される,あるいは民族問題の相対的重要性が非常に高いと認識されるなら与党連合が選挙で優位に立てる。メディアの報道は,争点の重要性に関する人々の認識に影響を与える。したがって政府統制下のメディアは,統治者に有利な争点の顕出性を高め,不利な争点の顕出性を抑えるという操作のための道具になりうる。2008年選挙では,インターネットの影響でメディア統制の効果が薄れ,それが野党躍進の一因になったと考えられる。州を単位とするパネルデータ分析でも,プロバイダー契約者数の増加に与党得票率を引き下げる効果があったことが認められた。
URI: http://hdl.handle.net/2344/1148
Appears in Collections:01.アジア経済
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/東南アジア(Southeast Asian Studies)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZAJ201109_002.pdf1.33 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.