DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
08.ラテンアメリカ・カリブ研究(Latin American and Caribbean Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/ラテンアメリカ・カリブ(Latin American and Caribbean Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/1100

タイトル: チリのブロイラー産業における所有型インテグレーションの形成
著者: 北野, 浩一
Kitano, Koichi
キーワード: チリ
農業経営
産業構造
家禽
肉・肉製品
Issue Date: Oct-2010
出版者: 日本貿易振興会アジア経済研究所
引用: アジア経済 51.10 (2010.10): 62-85
抄録: チリのブロイラー産業は近年高い成長を遂げているが,その産業構造は世界的にみても特殊である。契約養鶏農家とパッカーという分業関係がなく,少数の寡占企業によって,完全所有型の垂直統合が進められている。チリにおいて,ブロイラー産業がこのような産業構造をもつことを,本稿では不完備契約論のフレームワークを用いて分析し,パッカーによって寡占が形成され企業が多角化戦略をとる場合には,効率的であることを示した。 ブロイラー産業の寡占の形成の要因は,1980年代の経済危機による中小養鶏農家の倒産,および大規模養鶏企業による積極的な買収と,衛生基準の引き上げによる加工施設投資の増大をあげることができる。また,検疫制度やトレーサビリティーの導入も,参入障壁を形成する要因となっている。ブロイラー産業の寡占企業は垂直的な統合とともに,豚や七面鳥といった,処理施設・流通システム網を利用する他の産品への多角化も積極的に進めている,という共通する特徴を有する。
URI: http://hdl.handle.net/2344/1100
Appears in Collections:01.アジア経済
01.経済、産業(Economy and Industry)/ラテンアメリカ・カリブ(Latin American and Caribbean Studies)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ZAJ201010_005.pdf1.54 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.