DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
02.アジア研究(Asian Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/アジア(Asian Studies)  >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/1015

タイトル: 第3章 アジア通貨危機後の韓国における分配構造変化と家計消費
著者: 奥田, 聡
Okuda, Satoru
キーワード: 韓国
計量経済学
経済モデル
労働分配率
可処分所得
消費関数
Issue Date: Mar-2010
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: 『開発途上国のマクロ計量モデル』野上裕生・植村仁一編、千葉、日本貿易振興機構アジア経済研究所、2010年、1-12ページ
抄録: 本章では、内需不振の大きな原因となっている消費に注目し、その背後にある分配構造を検証するための論点を探ることにする。とくに、としてアジア通貨危機以後の企業構造改革に注目し、それが韓国の家計消費にどのような影響を与えるのかを探るためのモデル構築に資する諸要因を明らかにしたい。
記述: 2009年度調査研究報告書
URI: http://hdl.handle.net/2344/1015
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/東アジア(East Asian Studies)
01.経済、産業(Economy and Industry)/アジア(Asian Studies)
06.調査研究報告書

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_CKH_2009_4_35_nogami_01.pdf218.83 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.