DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
02.アジア研究(Asian Studies) >
01.経済、産業(Economy and Industry)/アジア(Asian Studies)  >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/1011

タイトル: 第3章 関税・輸入商品税除去の生産コストへの効果とFTA: アジア国際産業連関表による価格分析
著者: 玉村, 千治
Tamamura, Chinaru
キーワード: アジア
産業連関表
アジア国際産業連関表
生産コスト
価格分析
関税・輸入商品税
FTA
Issue Date: Mar-2010
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: 『2005年国際産業連関表の作成と利用』猪俣哲史, 桑森啓編 千葉、日本貿易振興機構アジア経済研究所、2010年、33-54ページ
抄録: アジア国際産業連関表は、各国各産業の生産構造において関税・輸入商品税を投入要素として明示的にしている。2000年アジア国際産業連関表を用いて、特定(複数)国の関税・輸入商品税の除去がどの程度生産コスト低減に波及するかを、これまで例のなかった国際表による価格モデルによって、中国、日本およびアセアンの組み合わせ(FTA)による効果を検討した。その結果、これまで他の分析から言われている日・中・アセアンFTA が最も効果があるということが、価格モデルからも示されることが判明した。
記述: 2009年度調査研究報告書
URI: http://hdl.handle.net/2344/1011
Appears in Collections:01.経済、産業(Economy and Industry)/アジア(Asian Studies)
06.調査研究報告書

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_CKH_2009_2_02_inomata_02.pdf268.79 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.