DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
05.南アジア研究(South Asian Studies) >
02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/南アジア(South Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/1008

タイトル: 第4章 インドとアフリカの国際関係
著者: 近藤, 則夫
Kondo, Norio
キーワード: インド
アフリカ
非同盟運動
中国
インド・アフリカ・フォーラム
環インド洋地域協力連合
インド・ブラジル・南アフリカ対話フォーラム
エネルギー外交
国際関係
Issue Date: Mar-2010
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: 『現代インドの国際関係:メジャー・パワーへの模索』近藤則夫編、千葉、日本貿易振興機構アジア経済研究所、2010年、78-96ページ
抄録: インド独立以降、近年に至るまでのインドとアフリカの関係は、概観すると政治・イデオロギー次元から、アフリカ諸国の独立と解放、冷戦の終結をへて、経済次元にそのアジェンダがシフトしてきた。そして経済次元が重要となるプロセスは、インドが経済自由化に転換し、一方、南アフリカがアパルトヘイト体制を廃棄し民主化を進めたことにより、1990年代前半に両国が国際的な自由経済システムに復帰することでさらに加速された。そのような中で多国間の協力関係を定めるフレームワーク創設の必要性が意識された結果、出てきたのが環インド洋地域協力連合であった。しかし、これはルースな協議体であり、利害関係が多様な環インド洋諸国の協議体としては成果を上げていない。それに対して参加国数を3 カ国に限定したインド・ブラジル・南アフリカ対話フォーラムは一定の進展を見せている。現在、インド政府にとって重要性が高いのはエネルギー資源外交である。この分野はアジア新興国の中国や韓国と激しく競合する場であり、その特色は各国のソフト・パワーよりも経済力などのハード・パワーの方が影響力が大きいという点である。このようなトレンドを見ると、今後のインド・アフリカ関係でより重要になるのは2国間関係であると思われる。この点に関していうと、インドがアフリカの地域大国である南アフリカと比較的に密接な関係を維持していることは重要なポイントであろう。しかし注意すべきはそのような密接性は南アフリカにおけるインド人コミュニティの存在といったソフト・パワー資源に必ずしもよるものではないという点である。より重要な結合要因は両地域大国の経済関係であり、戦略的関係であろう。
記述: 2009年度調査研究報告書
URI: http://hdl.handle.net/2344/1008
Appears in Collections:02.政治、国際関係(Politics,International Relationship)/南アジア(South Asian Studies)
06.調査研究報告書

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_CKH_2009_1_04_kondo_05.pdf124.58 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.