DSpace
 

Academic Research Repository at the Institute of Developing Economies,Japan(ARRIDE) >
04.東南アジア研究(Southeast Asian Studies) >
04.法律、行政(Law and Public Administration)/東南アジア(Southeast Asian Studies) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2344/1004

タイトル: 第1章 タイの議会制度の特徴と立法の推移
著者: 今泉, 慎也
Imaizumi, Shinya
キーワード: タイ
立法
法律
立法過程
議会
Issue Date: Mar-2010
出版者: 日本貿易振興機構アジア経済研究所
引用: 『タイの立法過程とその変容』今泉慎也編、千葉、日本貿易振興機構アジア経済研究所、2010年、1-20ページ
抄録: 本稿は、タイの議会内立法過程を概観し、タイ官報データベースを利用した立法数の推移を分析する。クーデタによる政権交代が多かったタイでは、憲法の廃止・制定が繰り返され、議会制度の変動が大きい。クーデタ後の暫定議会は選挙ではなく任命制であるため、官僚等が多く任命される。このことから、政治家による干渉を回避したい官僚等による駆け込み的な立法が行われると考えられる。立法数のデータは、1991年クーデタ後、2006年クーデタ後の暫定議会における立法数の増加が顕著であることを示している。
記述: 2009年度調査研究報告書
URI: http://hdl.handle.net/2344/1004
Appears in Collections:04.法律、行政(Law and Public Administration)/東南アジア(Southeast Asian Studies)
06.調査研究報告書

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ARRIDE_CKH_2009_4_37_imaizumi_02.pdf354.17 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Privacy PolicyTerms of Use Copyright (C) JETRO. All rights reserved.